"大手不動産会社の場合におきましては、管理をされている賃貸物件が多数あるのが一番の魅力と言えるでしょう。
多数の物件があるのは魅力的なことですが、全ての物件を管理するのが困難な状況にあることも忘れてはいけません。

 

不動産会社というのは、有名なタレントを起用し、大々的に宣伝をしていることで、信頼をもって会社を選んでしまうかもしれません。
多方面で宣伝を流しているからといって、完全に信用することの出来る不動産屋とは限りませんのでご注意ください。

 

大手不動産会社におきましては宣伝費がかなりかかるために、その賃貸物件の家賃などに上乗せされることがあります。
そう考えると、なんだか損をしてしまっているようにも思いますので、そのことも考えて不動産屋を選びましょう。"



大手不動産屋が良いとは限らないブログ:01 8 19

テレビ(白黒テレビ)って、
昭和34年の皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子様のご成婚を機に
普及し始めたそうですね。

おいらがお子様の頃、
テレビのある家はそれほど多くありませんでした。

当時は、街頭テレビというのがあり
多くの人がそれを見ていたようですが、
おいらは見た記憶がありません。

おいらの家は決して裕福なほうではありませんでしたが、
そういう時代の流れに乗るのが好きなママのおかげか、
それともプロレス好きの父のおかげなのかよく分かりませんが、
テレビを早々と買ったのでした。

当然ながら、近所の内では早い方でした。
テレビが家に無い人は、近所の家で見せてもらうというのが
当時は当たり前のことでしたので、
近所のお子様たちが、
よくおいらの家へテレビを見に来ていたのを覚えています。

その当時どんな番組を見ていたのかほとんど覚えていませんが、
たぶん父はプロレスを見ていたと思います。
ママは…
「今日の料理」でも見ていたのではないでしょうか。

おいらが覚えているのは、1つの番組の1つのシーンだけです。
それは、実写版の「鉄腕アトム」で、
鉄腕アトムが故障し、お腹のあたりを開いて修理しているところです。

修理シーンに興味を持ったのか、
強い鉄腕アトムが故障したのに驚いたのか、
いずれにせよお子様心にかなり強烈な印象を与えたのだと思います。

白黒テレビは、真空管式でした。
テレビには放熱しやすいように穴がいくつか開けてありましたので、
そこから中をのぞくことができました。

のぞいて赤くともっている真空管を見るのが、
おいらはなんとなく好きでした。

真空管が赤くともっていないと、テレビは故障でした。
父が真空管を買ってきて、自分で取り替えて修理していました。